特定非営利活動法人
アットホームホスピス
TEL&FAX 0798-65-2201
athome_info@athomehospice.net
 
インフォームドコンセント(informed consent)
説明と同意という意味です。納得のいく説明を得たうえで同意すること。飲んでいる薬の内容や手術や検査の内容についてくわしく説明を受け、理解したうえで、治療方針に同意することです。
緩和ケア
WHO(世界保健機関)は、緩和ケアを次のように定義しています(2002年)。
「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より、痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな(霊的な・魂の)問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフ(生活の質、生命の質)を改善するためのアプローチである」
クオリティー・オブ・ライフ(quality of life)
QOLと略して用いられることが多いです。直訳すると生活の質という事です。
医療技術の進歩により、難しい病気や大きなケガなどから救うことができるようになりました。しかし、それはいのちの長さだけに注目し、人間らしく生きることが無視されがちになる結果をも同時に生むことになりました。「治るためには辛抱しなさい」と言うことです。それに対して、いのちの質を重視すべきという考え方がQOL(生活の質)です。広い意味では人生の質、狭い意味では生活の質を表します。
セカンドオピニオン
セカンドオピニオンとは第二の意見という意味で、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見を聞くことです。日本ではまだよく知られていないので「主治医に失礼になる」と考えられがちですが、まったくそんなことはありません。主治医にセカンドオピニオンのための資料が欲しいと伝えれば、紹介状と資料を用意してくれます。資料の作成は、病院によって違いますが通常は有料とお考えください。また、セカンドオピニオンは保険がききませんから、費用について確認しておくといいでしょう。
DNR
DNR(do not resuscitate)とは、直訳すると、「蘇生をするな」です。これは尊厳死の概念に相通じるもので、癌の末期、老衰、救命の可能性がない患者さんが、本人または家族の希望で心肺蘇生法(CPR)を行わないことと定義されています。臨床での実際では、DNRは急変時や末期状態で心停止や呼吸停止が起こった場合に、心配蘇生をするかどうかの取り決めを指します。(日本救急医学会救命救急法検討委員会、1995年)。
デス・エヂュケーション
死への準備教育と訳されたりしています。
この分野で日本に大きな貢献をしたのは、上智大学名誉教授のA.デーケン神父です。彼は次のように語ります。「遅かれ早かれ、私たちはみんな別れを体験する。その別れとは愛する人の死だったり、自分の死だったりする。それは絶対に来るということを考えると、その『時』まで何もしないで待っているよりは、その前の段階からこれに備えて、様な心の準備をしたり、そのための教育を受けたりすることが望ましい」。
生を形作る死というものがあります。親の死を体験し、それを契機に自分の生き方が変わったとかがそれです。つまり、死を見つめるとは生を見つめることに他なりません。A・デーケンさんの提唱する「死への準備教育」とは、単にいかに死ぬかだけではなく、そこから、生きること、共に生きること、愛すること、命の尊厳を学ぼうというものです。
パターナリズム
医療者と患者の関係を「父・子関係」に見立てた考え方です。「いのちの文化史」の著者である立川昭二氏は、医師や看護師が患者に幼児語を使うのも、ここに端を発すると指摘しています。
モメント・モリ
モメント・モリ(Memento mori)とは、「なんじは死ぬべきものであることを憶えよ」という意味で、中世の西欧社会に浸透していた思想です。医学の進歩とともに死は医療にとって敗北と考えられるようになり、病院の奥に隠されるようになりました。
リビング・ウイル
尊厳死宣言書(事前宣言書)のこと。
病気が進んで意識がなくなったとしても、医療機器をつけて無理に命を引き延ばして欲しくないことを宣言する書類のことです。
遺言書は死んでから効力を発揮しますが、リビングウイルは生きている間から有効になります。ただ、欧米と違って日本のリビングウイルは法的な力を持っていませんので、本人の意思表示に留まります。
<リビングウイル活動を行っている主な団体紹介>
●日本尊厳死協会 http://www.songenshi-kyokai.com/
●終末期を考える市民の会 http://www6.ocn.ne.jp/~syumatuk/
<参考文献>
吉田利康「がんの在宅ホスピスケアガイド」日本評論社 2007年
立川昭二 「いのちの文化史」新潮選書 2002年
このサイトに公開した文章、画像の著作権は「アットホームホスピス」にあります。無断使用及び転載、改ざんを禁じます。